映画『マローボーン家の掟』公式サイト

4.12(金)新宿バルト9他全国ロードショー
マローボーン家の4兄弟が守る〝掟に隠された謎〟が打ち破られた時あなたは衝撃の結末を目撃する!
予告篇再生

マローボーン家5つの掟『1』成人になるまでは屋敷を離れてはならない

イントロダクション

美しい楽園で死体とともに暮らす
若き4人兄妹

純粋無垢な彼らが守る
“掟”が打ち破られたとき、

屋敷に隠された恐ろしい秘密と
邪悪な何かが動き出す

ハリウッドのメガヒット・シリーズ通算第5作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のメガホンを執り、2018年洋画興収成績ベストワンに輝いた日本を始め、世界各国で大ヒットさせたJ・A・バヨナ監督。若くしてスペインを代表するフィルムメーカーとして名を馳せ、今や最も注目される才能のひとりとなった彼が、初めて製作総指揮を務めた作品が『マローボーン家の掟』である。

バヨナがこのプロジェクトに並々ならぬ情熱を注いだことには大きな理由がある。彼の出世作となった『永遠のこどもたち』『インポッシブル』の脚本を手がけた盟友、セルヒオ・G・サンチェスの監督デビュー作だからだ。「脚本を読み終えたとき、本作が驚くほど素晴らしい映画になることはわかっていた」と語るバヨナは、サンチェスの新たな挑戦を全面的にサポートし、あらゆる製作過程においてクリエイティブな助言を惜しまなかったという。そしてバヨナの予感は見事に的中し、このうえなく魅惑的なシチュエーションの中に想像を絶する謎、恐怖、衝撃が渦巻くスパニッシュ・スリラーがここに誕生した。

海沿いの森の中にひっそりとたたずむ大きな屋敷。そこに暮らすマローボーン家の4人兄妹は、不思議な“掟”に従いながら、世間の目を逃れるように生きていた。忌まわしい過去を振りきり、この屋敷で再出発を図る彼らの願いは、自由で幸せな人生をつかむこと。しかし心優しい母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、4人の希望に満ちた日々はもろくも崩れ出す。彼らが住む屋根裏部屋から響いてくる不気味な物音、鏡の中にうごめく怪しい影。いったいこの屋敷には、いかなる秘密が隠されているのか。やがて平穏を保つための“掟”が次々と破られ、心身共に追いつめられた長男ジャックが、最愛の妹と弟たちを守るために下した決断とは……。

スペインの類い希な才能と
米英の新世代俳優の

濃密なコラボレーションによって完成した
想像を絶する謎と衝撃に満ちた
サスペンス・スリラー

サンチェス監督が自身のオリジナル脚本を映画化した本作は、閉ざされた美しい楽園に生きる4人兄妹の日常が、屋敷内に潜む邪悪な何かによって崩壊させられていく様を映し出す。4人は「僕たちはひとつ」と誓い合った固い絆で結ばれているが、彼らが住む屋敷には父親の死体が放置され、なぜか家じゅうの鏡にはシーツがかけられている。そんな観る者の好奇心を刺激するシチュエーションをいっそう謎めかせているのが、兄妹が身を守るための“5つの掟”だ。「成人になるまでは屋敷を離れてはならない」「鏡を覗いてはならない」「屋根裏部屋に近づいてはならない」「血で汚された箱に触れてはならない」「“何か”に見つかったら砦に避難しなくてはならない」。屋敷に立ちこめる不穏な気配やこの世ならぬ怪現象に脅える兄妹は、これらの掟に背いてしまった瞬間、さらなる極限の恐怖に見舞われていくのだ。

心理的なスリルをかき立ててやまない繊細なビジュアル、全編至るところに謎と伏線をちりばめた巧妙なストーリーテリング。そのひとときも目の離せない濃密な映像世界は、やがて最大の衝撃が炸裂するクライマックスへと突き進んでいく。すべての秘密が解き明かされるそのシークエンスには、あらゆる観客の想像力を超えた“恐ろしくも切ない”真実が待ち受けている。純真な子供たちが大人への成長過程で直面する過酷な試練、すなわちイニシエーションという普遍的なテーマを、残酷童話の趣もある一級のサスペンス・スリラーに仕上げたサンチェス監督とバヨナのコラボレーションに驚嘆せずにいられない。

撮影監督のシャビ・ヒメネス、音楽のフェルナンド・ベラスケスといったスペイン映画界の敏腕スタッフが結集した本作は、イギリスとアメリカの新世代スターたちのアンサンブルも見逃せない。『サンシャイン/歌声が響く街』『はじまりへの旅』のジョージ・マッケイ、『ニンフォマニアックVol.2』『サスペリア』のミア・ゴス、TVシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のチャーリー・ヒートン、新たな名子役の出現を確信させるマシュー・スタッグが、マローボーン家の4人兄妹をみずみずしく体現。そして『スプリット』『ミスター・ガラス』のアニャ・テイラー=ジョイが、ただひとり兄妹と心を通わせる重要なキャラクターを好演している。

マローボーン家5つの掟『2』鏡を覗いてはならない

ストーリー

1960年代末のアメリカ・メイン州。緑豊かな片田舎にひっそりとたたずむ古めかしい母がかつて住んでいた屋敷に、母の姓マローボーンと苗字を変え4人兄妹が引っ越してきた。責任感の強い長男ジャック(ジョージ・マッケイ)、家族思いの長女ジェーン(ミア・ゴス)、頭に血がのぼりやすい次男ビリー(チャーリー・ヒートン)、まだ幼くて天真爛漫な末っ子サム(マシュー・スタッグ)。祖国イギリスでの悲惨な過去を捨てて彼らは、この人里離れた屋敷で新しい人生を踏み出そうとしていた。しかしその矢先、心優しい母親ローズ(ニコラ・ハリソン)が病に倒れ、この世を去ってしまう。「皆を守ってね。どんなときも」。ローズの遺言を胸に刻んだジャックは妹と弟たちに呼びかけ、「誰も絶対に僕たちを引き裂けない。僕らはひとつだ」と固く誓い合う。 すると間もなく、突然の銃声によって兄妹は恐怖のどん底に突き落とされる。イギリスで悪名を轟かせた凶悪殺人鬼の父親(トム・フィッシャー)が脱獄し、執念深く彼らを追ってきたのだ。ジェーンの絶叫を耳にしたジャックは、血も涙もない父親に敢然と立ち向かっていくのだった……。

6ヵ月後。ジャックが父親を殺害したことで、4兄妹は静かな日常を取り戻していた。それでもジャックの内心は穏やかでない。どこからともなく響いてくる不気味な物音、天井ににじみ出す異様な黒い染み。兄妹以外の誰かが徘徊しているような気配が漂うこの屋敷は、明らかに何かがおかしい。臆病なサムは暗がりや鏡に"オバケ"が現れるのではないかと、いつもビクビクしている。それは死んだ父親の呪いのせいなのか、それとも屋敷そのものに忌まわしい秘密が隠されているのか。不安げな妹や弟たちを案じたジャックは、母の死後に生まれた「成人になるまでは屋敷を離れてはならない」「鏡を覗いてはならない」「屋根裏部屋に近づいてはならない」「血で汚された箱に触れてはならない」「"何か"に見つかったら砦に避難しなくてはならない」という5つの"掟"を厳守するよう言い聞かせていた。 妹弟の親代わりを務めるプレッシャーに押しつぶされそうなジャックの心のよりどころは、地元の美しく聡明な女性アリー(アニャ・テイラー=ジョイ)の存在だ。ある日、街の図書館に務めるアリーのもとを訪ねたジャックだが、そこで弁護士のポーター(カイル・ソラー)から思いがけないことを告げられる。彼らが屋敷を正式に相続するために、母親ローズの署名と手数料200ドルが必要だというのだ。母親が死亡した事実を隠し、生活資金も残りわずかのジャックは動揺を隠せない。そして妹弟と相談した結果、ジェーンが母親の筆跡を真似て書類にサインし、父親が犯罪で稼いだ"箱"の中の大金に手をつけ、急場をしのぐことにする。しかし、それは「血で汚された箱に触れてはならない」という自分たちの掟に背く行為だった。
初めて掟を破ったその直後から、兄妹は次々と悪夢のような事態に見舞われていく。母親の部屋にこっそり入ったサムが、誤って鏡を覗いてしまい、得体の知れない影を目撃。掃除中に奇妙な音を聞いたジェーンは、天井裏に潜んでいた正体不明の何かの手に触れられ戦慄する。さらに、煙突から屋根裏部屋に忍び込んだビリーだが、屋根裏に潜む何かに襲われて重傷を負ってしまう。 果たしてマローボーン家の屋敷に潜む"何か"とは?
そしてジャックを容赦なく苛んできた本当の恐怖の正体とは……。

マローボーン家5つの掟『3』屋根裏部屋に近づいてはならない

キャスト

スタッフ

監督・脚本

セルヒオ・G・サンチェスSERGIO G. SÁNCHEZ

1973年、スペイン・オヴィエド生まれ。ギレルモ・デル・トロが製作総指揮を務めたJ・A・バヨナの監督デビュー作『永遠のこどもたち』(07)の脚本を担当。ある孤児院の忌まわしい過去を解き明かすこのホラー映画は世界的な成功を収め、ゴヤ賞では脚本賞を含む7部門を独占した。東南アジアで大津波に襲われた家族の実話に基づく『インポッシブル』(12)では、再びバヨナ監督とタッグを組み、ゴヤ賞脚本賞にノミネートされている。ホルヘ・トレグロサ監督作品『ザ・エンド』(12)、フェルナンド・ゴンサレス・モリーナ監督作品『Palmeras en la nieve』(15・未)の脚本も手がけた。これまでに『7337』(00・未)、『Temporada baja』(03・未)という2本の短編とTVムービー「Las manos del pianista」(08)を監督した経験があり、本作が劇場映画の監督デビュー作となる。

製作総指揮

J・A・バヨナJ.A. BAYONA

1975年、スペイン・バルセロナ生まれ。カタルーニャ映画・視聴覚学校を卒業し、CMとミュージック・ビデオを手がける。監督デビュー作『永遠のこどもたち』(07)でゴヤ賞14部門にノミネートされ、新人監督賞など7部門を受賞。続く『インポッシブル』(12)もゴヤ賞14部門の候補となり、監督賞を含む5部門を受賞した。2014年にはTVシリーズ「ナイトメア ~血塗られた秘密~」のふたつのエピソードの演出を務め、長編3作目のダーク・ファンタジー『怪物はささやく』(16)ではゴヤ賞9部門を独占した。最近では、アドベンチャー超大作のシリーズ通算5作目となった『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(18)のメガホンを執り、非凡な演出力を改めて証明したことも記憶に新しい。

マローボーン家5つの掟『4』血で汚された箱に触れてはならない

『マローボーン家の掟』は全米13日の金曜日公開作品の中で
一番強烈で恐ろしい映画である

David Edelstein / New York Magazine/Vulture

いくつもの練られた仕掛けや
秘密を紐解くため
に繰り返し観たくなる映画

Shelagh Rowan-Legg / Screen Anarchy

ジャンルにとらわれない
センセーショナルな作品
巧みな展開が続く複雑な迷路のような物語に魅了された

Joe Lipsett / Bloody Disgusting

サンチェス監督は、外科医のような緻密さで
耐えがたいほどまでに恐怖心を煽りながら、
心に残る成長と初恋と家族の物語を完成させた

Travis Hopson / Punch Drunk Critics

スペインの名脚本家セルジオ・G・サンチェスが
優れたゴーストストーリーで監督デビュー
多様な恐ろしさを味わえる贅沢な作品!

John DeFore / Hollywood Reporter

4人兄妹の俳優たち、特にミア・ゴスと
チャーリー・ヒートンが素晴らしい
あっと驚く結末に、
涙がこみあげ、心が打ち砕かれる

Sara Michelle Fetters / MovieFreak.com

抒情的で不気味。
監督たちの手腕に敬服
せざるを得ない!

Geoffrey Macnab / Independent (UK)

秀逸なキャスティングと
派手なぞくぞくするサスペンス
よりも濃密
な作品!

Dan Jolin / Empire Magazine

マローボーン家5つの掟『5』〝何か〟に見つかったら砦に避難しなくてはならない